乳酸キャベツ(ザワークラウト)は食べるだけで美しく痩せる魔法の食べ物!前編

世の中様々なダイエットが溢れていますが

今回は低価格で、美肌効果もあってなおかつ健康的に痩せる事ができるザワークラウト(乳酸キャベツ)のご紹介を、Anna Stuartが栄養士の観点からご紹介して参ります(*・∀・*)ノ

キャベツの栄養素

それでは気になるキャベツの栄養素はこちら
キャベツの結球葉、生 100gあたり

エネルギー 23kcal
たんぱく質 1.3g
カリウム 200mg (塩分排出、ムクミさよなら機能)
カルシウム 43mg キャベツに含まれる成分とカルシウムは相性がよく骨密度を上げるといわれています。)
マグネシウム 14mg
リン 27mg
鉄 0.3mg
βカロテン 49μg
ビタミンK 78μg
ビタミンB1 0.04mg
ビタミンB2 0.03mg
ナイアシン 0.2mg
ビタミンB6 0.11mg
葉酸 78μg
パントテン酸 0.22mg
ビオチン 1.6μg
ビタミンC 41mg (いわずと知れた美肌と抗酸化ビタミン)

「文部科学省」日本食品標準成分表2015年版(七訂)より抜粋

サラダにして毎日食べるのは「かさ的に無理」

ただそのまま食べるにはけっこう量が多いですし…。
加熱すると、ビタミン壊れちゃうよねっていうお話なのです。
じゃあどうすればいいのって事ですよね?

塩もみして発酵させましょう♪

乳酸菌発酵させる事でビタミン類も増えるし、酵素も増えてモリモリあったかさも減らせてしまうのでこんな良い事はありません。
もともとは美肌目的とアレルギー体質を改善する目的でザワークラウトを食べ始めたのですが、はじめてから食生活は変えないままこれを食べるだけでたった一ヶ月で、-2kgの体重減を体感してしまい正直ビックリしました!!

すばらしい効能が乳酸キャベツを試してみない手は無い!!

というわけで、今回は乳酸キャベツ(ザワークラウト)を身近にある食材だけで作ってしまう方法をご紹介したいと思います。

乳酸キャベツ(ザワークラウト)に必要な材料と器具

■材料■
・キャベツ一玉
・唐辛子一房
・ローリエ2~3枚
・あら塩(キャベツ500gに対して塩10g)
本式のザワークラウトにはキャラウェイというハーブを使用しますが、これを入れると出来上がった乳酸キャベツの汎用性が微妙に下がるので、今回は日本人にも馴染みの深い唐辛子とローリエだけにしました。
(キャラウェイも悪くは無いのですが入れてしまうと、あ!!またこの味だ~になってちょっと飽きやすい)

■調理器具■
・大きめのボウル
・ののじ キャベツピーラー
・まな板
・包丁
・消毒用アルコール
・1.2~1.5ℓくらい入るガラス瓶
・ラップ

千切りちょっと苦手なんですという方には(ののじ キャベツピーラー)

お勧めは(ののじ キャベツピーラー)

特殊なギザ歯でサクサク薄く削れます。

私は安定感のある同じ歯が付いたこちらがお勧め↓

(ごぼうのささがきにも便利!!)
断面がほんのりギザギザになるので、調味料やドレッシングがよく絡むの(^^)

普通のスライサーでもいいけど、キャベツみたいな重量級がやってくると、こうなります。

なぜこんなにも包丁を勧めないのか疑問に思うでしょ?
実は千切りが嫌いなんです(笑)

材料が揃ったらさっそく乳酸キャベツの仕込み開始!!

お待たせいたしました。
それでは早速仕込んで参りましょう!!

キャベツは外葉を剥いで丸ごとさっと洗う

葉には植物性乳酸菌がいるので、あまり几帳面に洗わないでさっと洗いヘタを落とします。

ボウルは大きめの物を選びましょう。
アルコールを吹いてその上でキャベツを削って行きます。

芯を残して全て削れたら、

・唐辛子一房
・ローリエ2~3枚
・あら塩(キャベツ500gに対して塩10g)
を入れてよくかき混ぜます。


※ここでぬか床の水があればそれを大さじ1程入れる。なぜ入れるかは後ほど解説いたします。

そしてさらに揉みしんなりしたら、アルコール消毒したガラス瓶に入れて

空気を抜く感じで平にします。

キャベツの上にラップをして空気を遮断します。


植物性の乳酸菌は嫌気性菌の為、空気が苦手です。
本式では、キャベツの外葉でラップの代わりをしますが、外葉は農薬にさらされていることが、多いので私は使用しません。
有機野菜が手に入るなら、外葉も使ってみてね♪

黄緑色のキャベツの千切りが黄色っぽく変化

こうなるとフタを空けて香りと味のチェック♪
酸味が程よく出ていれば、出来上がりです!!
注)逆に糸が引いたり、黒ずんだりおかしい匂いのする場合は諦めて下さい。
どうしても捨てるかどうか迷ったら、キャベツ一玉代と病院代を天秤にかけてみましょう。

キャベツの乳酸菌を信用しすぎない!!

実は私キャベツの乳酸菌をそこまで信用していないんです。
発酵途中で、他の腐敗菌にやられてしまうしまうなんて事もしばしば経験して参りまして、ある時気付いたんです。
ぬか床も同じ植物性乳酸菌じゃない??
しかも、ぬか床には野菜を漬けていると水が出てくるわけで…。

ぬか床の水を乳酸キャベツの仕込みに投入!!

本来なら発酵まで数日かかる乳酸キャベツがたったの24時間で完成!!
しかも失敗知らず。
いわゆる自家製ヨーグルトを作るときに入れる種菌の様な存在ですね♪
いくら植物性乳酸菌が強いといっても、自然発酵任せではたまに失敗するわけです。
せっかく仕込んだのにそうなってしまうと残念でなりませんよね(;。;)
これは私が考えた裏技なので、時間がかかっても良いという方はぬか水の部分は割愛くださいませ。(出来上がりの風味にはまったく問題はありません)
最初の乳酸キャベツが成功したらその水を取っておいて、次回に使うとこれもまた種菌として使えますので、そちらも含めてお試し下さい。
失敗も防げますし、なにより発酵時間が短いのがありがたいです(^^)

次回後編では、こちらの乳酸キャベツを使った簡単にできるアレンジレシピをご紹介して参りますので、どうぞお楽しみに(^^)/
それでは美と健康の菌活ライフをお楽しみくださいませ♪

[AD]
↑七幻文書から新着通知が直接届く!

Anna Stuart

Anna Stuart

「六弦アリス」 や 「七幻シュトラーセ」 という、アンダーグラウンドな音楽ユニットのVocal。
精神病院にて勤務の後、某上場企業にて食品レシピのイノベーションに携わっている。

取得資格 : 調理師免許・栄養士免許・中学校教諭家庭科二種免許・学校図書館司書教諭・普通自動車運転免許

関連記事

  1. 重曹を使ったシルバーのお手入れ♪

  2. ムーランルージュ

    【好きか嫌いか】 エンタメの本質

  3. 乳酸キャベツ(ザワークラウト)は食べるだけで美しく痩せる魔法の食べ物!後編

  4. ワトソン

    【量産型人工知能】 ホームズのいらない世界

  5. 同人活動を熱く語るコラム

  6. 靴に拘る人は仕事ができるらしい

  7. 【悪ノ洗脳】 何かがおかしい義務教育

  8. 素敵発見を皆様にお届け♪

  9. デコパージュ【ケマージュ】の材料と作り方「後編」

PAGE TOP