「●●をすること」「●●をするのこと」これの【の】について

以前より個人的にずっと気になっていたことがあります。
昨今SNSなどでよく見かけるようになった共通の誤字脱字について。
これがあまりにも多くて、むしろ私が信じてきた正解が間違っているんじゃないかと不安になるぐらい多いのです。

例えば具体例を挙げるとすればこんな感じ。

意識高い新卒OL 中田さん(23)
課長。お言葉ですがアメリカではその考えは一般的ではありません

争いごとが嫌いな久山課長(45)
ここは日本だよ、中田くん…

意識高い新卒OL 中田さん(23)
いえ、もっとグローバルな視点から社会を観るのことが大事だと申し上げているのです

争いごとが嫌いな久山課長(45)
中田くん…、君は営業でしょ? また今度ゆっくり聞くからまずはうちの業務用冷蔵庫ひとつでも売ってきてくれないかな

ここで言うところの中田さんの言葉。

「グローバルな視点から社会を観る【の】ことが大事」

こういう妙なところで【の】が入る文面をやたらと見る機会が増えたように思います。
単なる打ち間違えなのか、修正したあとの消し忘れなのか。
しかしそれ以前に、あまりにも誤字脱字の傾向が多すぎる上に見事に共通しているので、何だか気になって気になって夜2:00を回るまで眠れません。
実際のところ、どうなのでしょう。
あまりに目にするタイプの不要な【の】なので、最近は私もこれを間違いだと断じきれなくなって来ております。
間違ってるよ、と声高々に叫ぶにはあまりに敵の軍勢が多すぎます。
【の】を掲げる旗が多すぎます。

でも、そもそもこういった【の】を気にせず見落としたまま文章を読んでいる人も大勢いるような気もします。
いわゆる無関心勢力。旗印は【無】です。
やだかっこいい。
逆に私はこういうのがブログで書いちゃうくらい凄く気になってしまう小市民勢力なのです。
旗印は【小】です。
打って変わってだいぶ器小さそうな感じがします。

皆さんは気になりませんか?

↑七幻文書から新着通知が直接届く!

[スポンサードリンク]

Mr.ASK

「六弦アリス」 や 「七幻シュトラーセ」 という、アンダーグラウンドな音楽ユニットの主宰。
有言実行。

関連記事

  1. BOOTH

    【イベント出展】 ブースデザインの重要性

  2. 重曹を使ったシルバーのお手入れ♪

  3. 【読書】あなたはアナログ派? デジタル派?

  4. 靴に拘る人は仕事ができるらしい

  5. ムーランルージュ

    【好きか嫌いか】 エンタメの本質

  6. 【実録】例の東大生と会ってきた

  7. デコパージュ【ケマージュ】の材料と作り方「前編」

  8. 同人活動を熱く語るコラム

  9. 乳酸キャベツ(ザワークラウト)は食べるだけで美しく痩せる魔法の食べ物!後編

PAGE TOP