【黒歴史の終焉】自分がいったい何者なのかをひたすら考えて分かったこと

【黒歴史の終焉】自分がいったい何者なのかをひたすら考えて分かったこと


記事参考元:HUFFINGTON POST
記事を一言でまとめると…
→あるジャーナリストの方が若い頃に掲題の件について本気で考え悩み抜いた挙げ句、到達した真理について語っている。

( ´_ノ` )< この人が出した真理が私と全く同じで笑うしかない。
こういうのに興味のある人は是非、記事元の原文を読んでみて欲しい。
私が思うに、何かについていちいち考え込んでしまうのは、どこかしら自分が無知で馬鹿なんだという自覚があるからじゃないかな。
そう考えると私なんて考えてばかりだからね。
馬鹿レベルは相当高い。でなきゃ同人音楽なんてやってないでしょ。
オッパッピー。

↑七幻文書から新着通知が直接届く!

[スポンサードリンク]

Mr.ASK

「六弦アリス」 や 「七幻シュトラーセ」 という、アンダーグラウンドな音楽ユニットの主宰。
サラリーマンを経てITベンチャーを起業後、突然音楽に目ざめて現在に至る。
日々、謎の社会派コラムを自身のページにて執筆している。

関連記事

  1. 【炎の劣化】「Vine」が来年から「Vine Camera」に

  2. 【闇が深い】女子インスタ界のドロドロ劇

  3. 【帰ってきた】ヒトラー生家近辺をさまよい歩くヒトラーにそっくりな男が住民らに目撃される

  4. 【火星に文明跡】アンティキティラ島の機械を火星で発見!?

  5. 【親の顔が見てみたい】知能は親から遺伝する!?

  6. 【地球史の9割が嘘!?】ルーマニアに眠る謎の図書館

  7. 【永遠のテーマ】人見知りは克服すべきか

  8. 【胸熱】アラブ発の火星移住計画がいよいよ現実的に

  9. 猫が亡くなって7年、いつも飼い主にだけ見せていた謎の行動の理由が泣ける

PAGE TOP