七幻シュトラーセ 【VISION】 全演説原稿

VISION

VISION

演説原稿:Mr.ASK 編曲:Mr.ASK

人は目まぐるしく進化を遂げ、その歴史を繰り返してきた
しかし新たな命と引き換えに、それまでの記憶は失われてきた

新たな世界でまた新たな進化を遂げ、やがて肉体が滅ぶと、
また新たな世界へと産み落とされる
人は皆、進化と退化の歴史を永遠に繰り返している
人は皆、大いなる力により管理されている

才なきは世界の秩序を乱すものとして、許されなかった
肉体は滅べど新たな世界に産み落とされる事なく、淘汰されてきた
やがて人は幾度目かの世界の中で、真理に辿り着いた
彼らは生前の記憶を持っていた

人はいつか思い出すだろう
生前なし得なかった夢を
そしてその世界での自らの役割を

黄昏のステップ

演説原稿:Mr.ASK 編曲:Mr.ASK

人は皆、目隠しをして生まれてくる
それは自らにとって必要のないものを見ないためか
誰かにとって不都合なものを見せないためか
人は皆、目隠しをして生きている
なぜか?
それは人が本質的に臆病な存在だからだ
目隠しが解かれたとき、ひとり取り残されるのが怖いのだ
故に人は皆、目隠しをしたまま踊り続けている

今日という名の炎を囲み、人々は明日へと想いを馳せる
人はいつからか傲慢になった
明日になれば必ず明日が訪れると、いったい誰が証明できよう

やがて炎は消え、ひとり、またひとりといなくなった
彼らに思惑通りの明日は訪れたのだろうか
彼らは目覚めると、また今日という名の炎を囲んでいた
それは幾度目かの光景だった
彼らは再び目隠しをしたまま踊り続けている

RealizE

演説原稿:Mr.ASK 編曲:Mr.ASK

人は幸や不幸を思い浮かべるとき、
自らをわかりやすく誰と比べるべきかと考える
そうなると比較対象は当然、人の数だけ存在する
しかし幸や不幸を実感するのは、他人ではなく、己自身なのだ
他の誰かと比べること自体が、ナンセンスではないか

人にはそれぞれ歩むべき生き方がある
他の誰かと比べることで、己自身の未来と可能性を消してはいないか

人はもとより、個性を持って生まれてきた
しかし我々は思春期までの過程で、
それを教育の名のもとに殺されてきた

皆が同じであろうとする集団心理
はみ出す者を排除しようとする集団心理
人は本質的に学校教育の犠牲となってきた

集団心理という名の悪性ウイルスを未成年に撒き散らす
大学を出て社会を知らぬまますぐに教える側の立場となった者達から
いったい何を学べというのか

[if…]

演説原稿:Mr.ASK 編曲:Mr.ASK

君が群衆の中でその歩みを止めたとき
ふと孤独を感じてしまうことがあるかも知れない
周りが楽しそうにしている中で
なぜか自分だけが馴染めないと感じることもあるだろう
それはきっと、他の誰かと自分が同じでないことに気が付いたからだ

君は他の誰かのために生きているのではない
人は本来、自らのために生きるべきだ
徹底的に俯瞰し、それに気付いた瞬間から、新たな道は示されるのだ

気が付いたなら、君が生きるべき場所は、もう他にある
さあ、君の訪れを本当の仲間がそこで待っている

聖者たちの生け贄

演説原稿:Mr.ASK 編曲:Mr.ASK

夜は人を惑わせる
人は未だ夜を彷徨っている

聖者たちの行いはその全てが正しいか?
罪人たちは本当に罪深き者たちなのか?
救われる者は、いつでも聖者の側に立つ者たちではないか
人に罰を下す者は、いつでも聖者の側に立つ者たちではないか

聖者たちは巧みにその正義を振りかざして
意に添わぬ者たちを生け贄とした
人々は迫害を免れるために、彼らの正義を受け入れてきた
信じた方が楽になれる? 死せば楽になれる?
何度も歴史を繰り返した今も、人は未だ夜を彷徨っている

思考を停止した者たちは、誰かに与えられた価値観の中で生きている
彼らは皆、聖者たちにとって生け贄そのものだと言えるのではないか

XANADU

演説原稿:Mr.ASK 編曲:Mr.ASK

人は人を裁けないと人は言う
しかしそれが出来るのが人の世と言えるだろう
人は自らの未来を保障するために、多くの罪なきを裁いてきた
即ち、、、
命あるものは皆、先人が傲慢に作り上げた桃源郷の上に立っている

人は天と地に人を置き、優越感と劣等感を生んだ
競争社会は人の世を発展させたが、同時に多くの孤独を生んだ
健全な社会は多様性の上に成り立っている
ゆえに優劣は人の本質にあらず
優劣を本質とするならば、多くにとって人の世は地獄と言えるだろう

人は人を裁けないと人は言う
しかしそれが出来るのが人の世と言えるだろう
人は自らの未来を保障するために、多くの罪なきを裁いてきた
即ち、、、
命あるものは皆、先人が傲慢に作り上げた桃源郷の中で死んでいる

VISION -Re:Birth-

演説原稿:Mr.ASK 編曲:Mr.ASK

人はいつか思い出すだろう
生前なし得なかった夢を
そして何より、己自身を

Mr.ASK

「六弦アリス」 や 「七幻シュトラーセ」 という、アンダーグラウンドな音楽ユニットの主宰。
サラリーマンを経てITベンチャーを起業後、突然音楽に目ざめて現在に至る。
日々、謎の社会派コラムを自身のページにて執筆している。

関連記事

  1. VISION

    【特集記事】 VISION 2016.12.31 on Release

  2. 【C91新作】発売は12月31日、大晦日!

  3. 【謹賀新年】 明けましておめでとうございます!

  4. 【いざ出陣】コミケ3日目、冬の陣!

  5. DESTINY

    【特集記事】 DESTINY 2016.12.31 on Release

  6. DESTINY

    七幻シュトラーセ 【DESTINY】 全演説原稿

  7. PSYMPHONY

    【特集記事】 PSYMPHONY 2016.8.14 on Release

  8. PSYMPHONY

    七幻シュトラーセ 【PSYMPHONY】 全演説原稿

PAGE TOP